ストーリー ビハインド  Please scroll down for in English.Thank you.

 

 日本女子体育大学 舞踊専攻科で様々な踊りの技術を習得したものの、日本では150cmという身長がネックになり、日本で大手のミュージカル会社の規定は155cm!これから舞台人として活躍したいと思っていたのに出鼻を挫かれた形になり、当時のダンスの師匠 故 高橋勇(Sammy Takahashi)に

「ブロードウェイ 目指せばいいじゃないか?」と背を押され、「This is a pen 」だけの英語能力で、ピンクのスーツケースにベティブーブの破れたジーンズ JALに乗り初めての海外へ向かいました。

当時のニューヨークは治安も悪く、インターネットもない時代、限られた少ない情報だけを頼りにスーツケースの中は不安のみの渡航でした。

 

 訪れたダンスのスクールでは言葉よりもダンス、「芸は身を助ける」。アメリカ人ダンサーたちが非常にオープンに迎えてくれて、日本では銀幕の向こうの憧れのダンサーと一緒に踊ったり食事に行ったりと、夢のような日々が待っていました。

 

 「ニューヨークで本場でアメリカ人と同等に仕事を取りたい」と、思い始め、オーディションの日々が始まりました。一日に何個もオーディションをはしごする日々、心が折れそうになりながらも、自分の力を信じ向かうしかない、やめるか、続けるかと自分との戦いでもありながら同時に希望にも満ち溢れた日々でした。

 

 幸いにも、幾つかの大きなブロジェクトに受かり、アメリカの組合(ユニオン)にも参加することができ、故 高橋勇がアメリカ在米時に出演していたFlower Drum Song のリバイバル、どうしても出たい!7回目のオーディションで全米ツアーにやっと受かることができました。師の足跡を辿ることが出来た、私にとっては 念願のショウでした。

 

 数々のショウに参加させて頂く機会に恵まれ 25年の在米生活後、肺がんを患った父と時間を過ごすために、日本での活動を視野に入れ始めた時に 現在の婚約者であるアメリカ人 ギタリストに舞台の上で運命的な出会いをしました。

 長距離恋愛の中、父と母に交際を認めてもらえることができず、心を痛める日々が何年も続きました。

 特に昭和9年生まれの母は 戦争時のトラウマが強く、

「鬼畜米兵って言ったのよ。カーペット爆弾されたのよ」

「近所に顔向けできない」

と、母に根付いた 戦争時の日本の教育の刷り込み、アメリカに対する隠れていたネガティブな感情が全て浮き上がって来ました。

 

彼の話をしようとすると 席を立ってしまう。話をすり替えられてしまう。否定され続けながらの日々は、100パーセントハッピーに慣れない寂しさがありました。

過去のことを言われても、彼が爆弾を落とした訳ではないし、どうすることもできない、塗り替える事は出来ない。どうしたらいいのだろう。と 思い悩む日々が何年も続きました。

 

 付き合い始めて6年目、彼が日本に来た時にエルビス プレスリーの「ハウンド・ドッグ」を演奏しました。

 母は「鬼畜米兵」と刷り込みされていたのに、戦後 日本に入って来たアメリカの音楽は大好きでプレスリーの音楽が大好きでした。当時のダンスホールにも通っていたそうです。母の好きな曲を演奏してもらいたいと、彼に伝えていたところ、ライブ会場に母が入って来た直後に彼が 「ハウンド ドッグ」を演奏しました。

「あぁ もう たまらないわね!」

と 82歳の母が着物姿でツイストを踊り始めました。

視線を送り合い 笑いあって踊る母と演奏する彼。

 

 何十年も母の心の中に決して溶けることがない氷のように残って居た戦争の傷跡が、溶け始めた瞬間でありました。

 

 それをきっかけに、氷は少しずつですが、溶け始めて居ます。

 

 音楽と踊り、これを通して 肌の色、言葉、戦争の傷跡さえも超える体験をして来ました。

 

 IT や ロボット どんなに技術が発達しても、世界共通、私たち 人類の心にある心臓のリズム、人を思いやる心を忘れてはいけません。

 それらを通して人々がより強く繋がって行けたら、一人ひとりが、ちょっと一歩を踏み出すことで世界は、少しずつ変わっていくことができるかも知れません。

 

Make it happen.

You can change tomorrow.

 

それが 私たち 国際芸術文化交流 舞 の想いです。

 

芸術監督 井本 美穂

In 1989, I went to NYC with only a pink suitcase and my Betty Boop jeans with holes in the knees.

The only English I knew was, “This is a Pen” and “My name is Miho”. 

Inside my suitcase was a lot of hope and just as much fear.

 

Luckily, the American Dancers in NY were very warm and welcoming. In a short time I started dancing with them 

despite the fact that I didn’t know enough English to hang out with them.

 

At that moment, I realized that I had a deep desire to work as a Professional Dancer. 

Immediately, I started auditioning in New York City, sometimes going on 2 or 3 auditions a day.

There was a lot of hard work and even more rejection, but there was also hope.

Soon I landed my first job and started working in shows and musicals.

 

After 25 years of experience as a professional dancer in NYC and around the world, I decided to come back to Japan to help care for my Dad who had grown ill.

At about the same time I met an American guitarist, on stage while performing in the same show. A year later he became a very important person in my life.

 

My parents were born in 1934 and they experienced World War 2. They were childrem during war.

They were taught at school that “Americans will eat you, they are different”.

They really thought Americans would kill them and eat them!

My Dad got from his Mom, potassium cyanide. She told him, “ Drink this before they grab you. Die with your pride”.

The war traumatized my parents, but at same time my Dad loved Hersey Chocolate and my Mom loved Elvis Presley.

 

I especially had a hard time with my Mom. If I tried to talk to her about my American guitarist, she just pretended like she didn’t hear anything.

If I’d push it, she would start to cry. The first time he came to Japan, my stomach was twisted in knots.

My Mom doesn’t speak English and he doesn’t speak Japanese. I had no idea how to make them close.

 

6 years into the relationship, we planned for him to perform a show for the local Japanese music lovers, with

a few Elvis songs in the set for my Mom.

The day finally came and I wasn’t even sure if my Mom would show up.

About halfway though the 1st set my Mom appeared in one her finest kimonos and he immediately started playing “Hound Dog”.

It was a great surprise when my Mom stood up and started doing the “Twist” in her kimono !

They started smiling at each other and having fun; him playing the guitar to her as she danced for him!

 

This was the moment that broke the ice!

Since then they have started to become friends.

 

Does music and dance have the power to heal trauma?

Does music and dance have power to wipe out age-old prejudices?

Does music and dance have the power to reach beyond borders and bring together different cultures?

 

Yes….. it does !!!

 

Miho Imoto

Artistic Director of Global Art and Culture Exchange Mai

 

  • Twitter
  • w-facebook
  • YouTube

*踊りたい仲間 随時募集中です

​クラスなどの詳細は こちら

​初めての方から プロダンサー、プロ引退の方まで!

Globalartandculture@gmail.com

© 2018 Global Art and Culture Exchange Mai 一般社団法人 国際芸術文化交流 舞. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now